ここから本文

職場がおうちへやってきた

■ コミュニケーションはどうやって取るのですか?

「ワークウェルコミュニケータ」は、在宅勤務者と本社社員など場所の離れた複数メンバー同士で一度に会話することが可能です。簡単な操作で、プロジェクトチーム毎に仮想会議室で打合せをすることができます。

■ 出勤しないと孤立感がないですか?

「ワークウェルコミュニケータ」は業務時間中、常時接続することを前提とするシステムです。在宅勤務者と本社社員が全員同じ居室にいる雰囲気で、打合せのために声を掛け合っているので、社員の一体感があって孤立感がありません。

■ 勤務の管理や評価はどうやるのですか?

評価の基本は部下とのきめ細かなコミュニケーションです。離れていても、「ワークウェルコミュニケータ」でコミュニケーションを取ることで、評価や労務管理がしやすくなります。

OKIワークウェルでは、本社社員と40名の在宅勤務者が、常時接続型多地点コミュニケーションシステム「ワークウェルコミュニケータ」を使いながら、楽しくスピーディーに仕事をしています。
職場がパソコンの中にあるのです!

在宅雇用を始めた団体様、これから在宅雇用を導入しようと考えている企業様
ワークウェルコミュニケータの無料お試ししてみませんか! → ご案内ページへ